第1回タンパク質ハイブリッド研究会

1986年5月26日(月)東京工業大学 第4新館 232教室

  表 題演 者所 属
合成高分子−タンパク質ハイブリッド稲田祐二東工大・理
プロテインドラッグをめざした高分子の生体内における動態特性前田 浩熊大・医
医薬を目指したセラチアSuperoxide dismutaseの修飾友田勝巳武田薬品・中研
ポリエチレングリコール−NAD脱水素酵素系左右田健次京大・化学研究所
酵素の化学修飾による非抗原化と安定化和田 博阪大・医
高分子化マイトマイシンCの生体内挙動と抗癌効果橋田 充京大・薬

 | 01 | 02→

ハイブリッド研究会の歴史に戻る

生体物質研究室のページに戻る