第2回タンパク質ハイブリッド研究会

1987年5月26日(火)池袋サンシャインシティ・プリンスホテル(天覧の間)

  表 題演 者所 属
ポリエチレングリコール修飾アスパラギナーゼの臨床応用と問題点和田 博阪大・医
電子機能をもつ生体ハイブリッド材料の開発と問題点相澤益男東工大・工
有機ホスト分子とタンパク質ハイブリッド田伏岩夫
黒田裕久
京大・工
ポリエチレングリコール修飾ヘモグロビン岩崎敬治
岩下雄二
味の素・中研
酵素修飾法による多機能性タンパク質の作製荒井綜一東大・農
磁性体と酵素(生理活性物質)とのハイブリッド高橋勝宣
善本隆之
稲田祐二
東工大・理
Enzyme therapy, pH modulation, cell transplantation, starch microspheres, polyanions and intraperitoneal therapyWilliam RegelsonVirginia Commonwealth University

←01 | 02 | 03→

ハイブリッド研究会の歴史に戻る

生体物質研究室のページに戻る