第6回タンパク質ハイブリッド研究会

1991年5月27日(月)サンシャインシティ・プリンスホテル(3F 天覧の間)

  表 題演 者所 属
PEGの体内動態とそのDDSへの応用小山義之東京理科大・生命研
高感度酵素イムノアッセイ:免疫原と酵素標識体のホモロガス、ヘテロロガスシステムについて辻 章夫昭和大・薬
核酸の化学修飾と分子生物学への応用鶴井博理順天堂大・医
有毒レクチンリシンを含む細胞選択性ハイブリッド石黒正恒長崎大・薬
固定化生体触媒の工業化の問題点と将来展望土佐哲也
佐藤忠司
田辺製薬
PEG-Protein DrugFrank F. DavisRutgers Univ.
Enzon Inc.

←05 | 06 | 07→

ハイブリッド研究会の歴史に戻る

生体物質研究室のページに戻る