第11回バイオハイブリッド研究会

1995年5月29日(月)サンシャインシティ・プリンスホテル(3F 天覧の間)

  表 題演 者所 属
PEG−リポソームの特性及びその利用丸山一雄帝京大・薬
バイオハイブリッドの免疫工学への応用西村裕之桐蔭横浜大・工
ハイブリッド酵素創製における組み合わせの妙味大川秀郎神戸大・農
バイオハイブリッドによるインテリジェント材料の設計相澤益男東工大・生命理工
バイオハイブリッド材料の分子設計と人工臓器への応用松田武久国立循環器病センター
半固相(semisolid)分子生物学と糖鎖:溶液分子生物学のアンチテーゼ鈴木 旺愛知医科大・分子医科学研
蛋白質分子を用いたナノテクノロジー:次世代に向かっての融合技術の可能性三宅 淳工技院

←10 | 11 | 12→

ハイブリッド研究会の歴史に戻る

生体物質研究室のページに戻る