第13回バイオハイブリッド研究会

1998年5月25日(月)新横浜プリンスホテル(シンフォニア)

  表 題演 者所 属
医薬として期待される糖鎖誘導体山本久夫
桜井勝清
生化学工業・東京研究所
極限性生体触媒:基礎と産業への応用左右田健次関西大・工
特殊環境耐性タンパク質の設計合成相澤益男東工大・生命理工
経皮、経粘膜吸収を高めるための手段永井恒司
高山幸三
星薬科大・薬
21世紀に期待する生体触媒土佐哲也田辺製薬
微生物産生バイオポリマーと石油バイオ倉根隆一郎工技院・生命研究所
「生命とは何か」:閉会の辞にかえて和田 博阪大名誉教授

←12 | 13 | 14→

ハイブリッド研究会の歴史に戻る

生体物質研究室のページに戻る