桐蔭横浜大学ハンドボール部は、2008年4月桐蔭横浜大学にスポーツ健康政策学部が開設されたのを機に新たに創られた部です。初参戦となった2008年度秋リーグは高校時代からハンドボールを続けてきた者のみならず、バレーボールや野球出身者など初心者も在籍する中、大きな努力と強い絆で7部優勝を果しました。2009年度は多くの経験者が集まり春リーグ戦で男子部は連続優勝となる6部制覇を飾りました。また女子部も創部され、いきなりの2部優勝を達成しました。その後も努力を怠ることなく、男子は3部まで昇格、女子も2部で連続優勝を果たし、インカレを目指しているところです。始まったばかりで、まだレベルは十分ではありませんが、目標は学生ハンドボール界のリーダーになっていくという高い志をもって活動しています。指導者には大学界で男女のチームでメダルを獲得した豊富なコーチキャリアのあり、2007年女子U-18アジア選手権日本代表チームヘッドコーチや2006年にはタイナショナルチームのヘッドコーチとしてドーハアジア大会でも活躍された岡本大先生がおり、充実したトレーニングを実践しています。トレーニングや人間教育は厳しいですが夢に向かって妥協せずに前進し、大きく美しい虹を皆で臨みたいと思っています。

部員数 「男子部:16名」 「女子部:21名」 (2010年12月現在) 

練習場所
 
練習場所は桐蔭学園総合体育館

活動時間  月〜金:18:30〜21:00
            土:10:00〜12:30
            日:OFF        ※試合などによって変更あり

年間スケジュール

戦績

チームのモットー

「No Rain, No Rainbow.」
  虹が見たければ、雨を我慢しなくては。

セレクションについて


Copyright(C)2008 Toin University of Yokohama Handball Club All rights reserved