2009.7.1-7.12 女子U−18アジア選手権 in ヨルダン
岡本先生 コーチとして活躍
 岡本先生が女子U−18日本代表のコーチングスタッフとして、ヨルダンで開催されたアジア選手権に行かれました。試合は宿敵韓国にわずか一点差での敗北でした。しかしながら、地元ヨルダン、タイ、カザフスタンは撃破し銀メダルとなり、来年開催される第3回女子U−18世界選手権の出場権は獲得となり、そこでの活躍が期待されます。

岡本
「韓国はやはり個人のフェイント力・クイックシュート力・判断力は抜群であった。だが非常に悔しい敗北だった。」

対戦国のタイは3年前に岡本先生がヘッドコーチをなさったチームで、その時指導した選手も数名いたとか。
「韓国戦では、タイが日本を応援してくれて、心から嬉しかった」

帰国するやいなや、時差ボケの疲れた状態の中で、桐蔭の練習試合で午前・午後と檄をとばしまくりの岡本先生熱血ぶりでありました。私達選手も負けてられません!

Go to Gallery

Copyright(C)2008 Toin University of Yokohama Handball Club All rights reserved