2010.05.06 日本リーグチャンピオン選手が桐蔭へ
ソニーセミコンダクタ九州:高栖・工藤選手
 2010年5月6日。第34回日本リーグ2009−2010シーズンのチャンピオンチーム、ソニーセミコンダクタ九州から高栖由香選手と工藤麻衣選手が桐蔭横浜大学の練習に来てくれましたー。
 両選手は岡本監督が国士舘大学コーチ時代の教え子であり、ソニーのOFFを利用して、わざわざ桐蔭の応援に来てくれました。
 高栖選手は日本リーグでフィールド得点第4位、シュート率NO.1獲得。シュート率は日本リーグ新記録となる偉業を達成したばかり。そんな選手が練習に混ざり、特に専門のポストについて細やかに指導をしてくださいました。
 工藤選手は昨シーズンは怪我で苦しみましたが、サイドプレーヤーとしてこの若さですでに全日本入りを果たした元ナショナル選手。サイドシュートのコツなどをリハビリ中の体ながら、優しく丁寧に指導してくださり、本当に感動しました。
 現役の日本リーグトッププレーヤーに触れられ、大変刺激を受けた一日となりました。高栖選手、工藤選手、本当にありがとうございました。また来てくださいね。

Go to Gallery

Copyright(C)2008 Toin University of Yokohama Handball Club All rights reserved