2009.4.19(日) vs 国際武道大学
桐蔭横浜 30 [ 16−6
14−12
] 18 国際武道

<戦評>
 桐蔭ハンドに新たな歴史が刻まれる日。女子部のデビューとなった国際武道大学戦。1・2年生だけの若いチームで、わずかな練習期間しかなく不安もあったが、選手皆、絶対負けたくない想いで試合に臨んだ。
 試合の先取点は、山田がサイドからカットインで記念すべきファーストゴールとなった。両チームとも動きが固い立ち上がりとなったが、丸山のミドルや田邊のロングにポスト齊藤のプレーをからめ10分過ぎ6−3とペースを握る。さらにここからDFの運動量があがり、またGK佐々木のファインセーブにより守り勝ち、守って速攻のハイペースな展開に持ち込み、サイドから黒川、古谷が巧みに、ロングで日下石、川畑が豪快に打ち込み、17分11−4と完全に流れを引き寄せた。前半最後まで集中を切らさず、大野や齊藤の速攻により加点し10点差もの大量リードをつけて後半を迎えた。
 後半も佐々木、斎藤を中心とした組織的なセットDFで、またシステムチェンジなどにより相手を抑え込み、そこから速攻で、浅見や小田が確実にゴールし、リードをキープしたまま初勝利を飾った。

氏名 得点
前半 後半 合計
佐々木 GK
黒川
須田
浅見(佳)
淺見(花)
大野
小田
川畑
齊藤
田邊
日下石
古谷
丸山
山田


Copyright(C)2008 Toin University of Yokohama Handball Club All rights reserved