2009.4.26(日) vs 順天堂大学
桐蔭横浜 21 [ 9−5
12−6
] 11 順天堂

<戦評>
 昨シーズン2部優勝の強豪・順天堂との決戦!2部優勝のための大一番を千葉勝浦の地で迎えた。
試合は桐蔭OF田邊のロングで幕を明けた。DFにおいて斎藤を中心に踏ん張り、日下石のロングや山田・黒川の速攻で7分4−0までスタートダッシュに成功する。しかしここから順天堂の粘りあるOF・DFに苦しみ、ポストやカットインを許してしまう。なんとかGK佐々木の7mセーブなどでこらえて失点は少なかったが、速攻でのパスミスでペースをつかめないで進んだ。丸山の豪快なステップシュートや川畑のロングで得点するも、その後もミスが続き21分7−4とロースコアの重い展開の前半となり、なんとか9−5とリードを保って前半を終了した。
 後半に入っても、シュートミスが続き波に乗れずにいたが、40分過ぎDFで集中し始めた桐蔭はいよいよ動き出し、速攻で黒川や田邊が決め12−6と離しにかかった。さらにDFにおいてペースをつかみだし、日下石のカットインで16−8と勝負を決めた。苦しんだ試合であったが、GK佐々木を中心にDFで踏ん張り我慢することを学ぶことができた。
 今後も連勝を続けていくために、OFでのミスを減少する等の課題を明確に分析し、練習に励んでいきたい。

氏名 得点
前半 後半 合計
佐々木 GK
黒川
須田
浅見(佳)
淺見(花)
大野
小田
川畑
齊藤
田邊
日下石
古谷
丸山
山田


Copyright(C)2008 Toin University of Yokohama Handball Club All rights reserved