2009.5.24(日) vs 早稲田大学
桐蔭横浜 21 [ 13−14
8−17
] 31 早稲田

<戦評>
 1部昇格。最大目標であり、デビューリーグでの奇跡の昇格を狙っての入替戦。対戦相手は1部の雄早稲田であった。
 立ち上がりから1部の貫禄を見せる早稲田はしっかり得点し0−2スタートとされてしまう。が反撃の狼煙をあげたのはキャプテン黒川。大舞台であたふたしながらも齊藤のポストプレーなどにより7分4−5と食らいついていく。セットDFにおいては早稲田のOFを封じ込めたが、OFにおいてリズムをつかめず、逆速攻により10分4−8と離されてしまった。しかしここからGK佐々木の7mスローセーブで早稲田に楽な展開をさせず、エース田邊が当たりだし、また速攻でも荒木や齊藤が果敢にトライし、前半一点差まで詰め寄った。
 後半に入っても田邊が孤軍奮闘で粘ったが(38分16−16)、ここからキャリアの無さを露呈し、早稲田DFに関係ない自爆のミスが連続してしまった。さすがにこの機を逃さない早稲田の連続速攻で一気に引き離された。タイムアウトをとるも流れは戻らず、また初体験となる厳しい戦いによりスタミナ不足も露呈し、勝負を決められてしまった。
 この闘いで目標であった一部昇格は逃したが、勝負の厳しさや関東1部の強さを肌で感じることができ、またこの悔しい想いも経験できた。このことを決して無駄にすることなく、夏に大きく成長し、秋リーグではリベンジを果たしたい。
 不安の多いデビューリーグでしたが、大変多くの方が会場にて声援をくださり、本当に勇気をいただきました。絶対秋には目標達成しますので、今後とも暖かい応援よろしくお願いします。


氏名 得点
前半 後半 合計
佐々木 GK
黒川
浅見(佳)
淺見(花)
大野
小田
川畑
齊藤
田邊
日下石
古谷
丸山
山田
荒木


Copyright(C)2008 Toin University of Yokohama Handball Club All rights reserved