三浦研究室へようこそ

研究の方向性

Where are we going?

 当研究室は、医学と工学の橋渡しを行う研究・教育を展開する工学研究科・医用工学専攻に所属しています。研究対象は、これまで、厚みが数ナノメートル〜数百ナノメートル程度の分子薄膜(2次元系)を中心としており、分子の持つ光学的・電子的機能を活用し、従来よりも、軽量でフレキシブルな電子デバイスの構築を目指しています。実現すれば、エレクトロニクス分野全般の発展に寄与することは勿論ですが、医療分野でも、例えば、より高機能なウェアラブルデバイスの開発に繋がると考えています。


What's New & Labo-Tweets

更新情報