学部トップ学科・コース > スポーツテクノロジー学科

履きものを変えれば、歩き方が変わる。
からだの可能性は、用具や方法論で広がります。


からだは、みんなに平等に与えられているものと思っていませんか?
ある意味、正解です。でも、完全に正解とも言えないんです。
からだは、まわりの環境に応じて、そのかたちや在り方を自由に変化させます。
椅子を変えれば、姿勢や体型が変わり、
履きものを変えれば、歩幅や歩き方が変わります。


これは「身体技法」という考え方で、
民族や文化や社会の中で
経験を通じてつくられていく身体能力のこと。
たとえば、古くから正座の文化がある日本人は、
西洋人に比べて股関節がやわらかいそうです。


そう考えると、からだやスポーツは用具や方法論などアプローチ次第。
ものすごい可能性を秘めていると思いませんか?


今までかなえられなかったこと。ありそうでなかったもの。
「からだ」と「科学」を突きつめて、新しい可能性を導き出すことが、
スポーツテクノロジー学科の学びです。


スポーツテクノロジー学科の特色を見る