学部トップニュース > 自然活動論夏季実習を実施しました

ニュース


自然活動論夏季実習を実施しました


2010/09/17 掲載


9月1日(水)〜9月4日(土)に、「自然活動論(スポーツ教育学科・1年次)」の夏季実習を、静岡県の国立中央青少年交流の家において実施しました。

今回の実習には、50名の学生が参加し、メインプログラムの富士登山では、参加した学生全員が無事に富士山を登りきることができました。天候にも恵まれ、ご来光を見られただけでなく、360度の絶景を見ながら、山頂の火口を一周する「お鉢巡り」を行うこともできました。

自然活動論には2月に冬季実習もあり、雪山登山やクロスカントリーを行います。スポーツ教育学科の1年生は必修科目となっており、夏季か冬季の実習のどちらかに参加します。

この授業の目的は、学校教員になったときに、自然の中でのプログラムを企画したり指導したりできるようになることです。最近は子どもの自然体験が減っていると言われていますから、今回の参加学生には、ぜひこうした体験を子ども達に提供できるような教員になって欲しいと思います。


「自然活動論夏季実習」の様子01 「自然活動論夏季実習」の様子02
Copyright © Toin University of Yokohama. All rights reserved.

桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部 〒225-8502 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
TEL:045-972-5881(代表) FAX:045-972-5972 E-mail:Admission@cc.toin.ac.jp

サイトマップコンセプト学部の特色履修モデル資格と進路スタッフ紹介入試情報お問合せ先アクセスマップ