学部トップ > 教員紹介 > スタッフ紹介 > 大野 哲也

スタッフ紹介


スポーツ健康政策学科
名前大野 哲也(OHNO Tetsuya)大野 哲也 准教授
フリガナオオノ テツヤ
職位スポーツ健康政策学科 准教授
専攻分野環境人間学、文化人類学、社会学
Specialized FieldEnvironment and Human Studies, Cultural Anthropology, Sociology
保有学位・資格等博士(人間・環境学)、修士(人間・環境学)、修士(社会学)
主な担当科目異文化の理解、国際文化政策論、フィールドワーク論
プロフィール

体育大学卒業後、中学校教員(保健体育)や青年海外協力隊(体育、パプアニューギニア)等の経験をしたあと、1993年から5年1ヶ月間、自転車で世界を放浪する。帰国後、大学院に入学して社会学や文化人類学を学び、2012年4月から現職。

これまで、「移動」をキーワードにしながら、日系移民研究(アルゼンチン)や観光研究(アジア諸国)を行ってきた。

受験生・学生にメッセージ

私たちは箸を使って食事をするのが「当たり前」だが、インドでは、なんでも手づかみで食べるのが「当たり前」。では、どうして私たちは箸を使うのが「当たり前」だと思うのだろう?

私たちが「当たり前」だと思っていることを「本当に当たり前なのか?」と、今一度考え直してみる。好奇心と知的冒険心を発揮して、今までとは違った角度から「個人−社会−世界」を見てみよう。そうすれば違ったカタチが見えてきて、新しい発見ができる。