大学院

大学トップ学部・大学院> 大学院 法学研究科


桐蔭にはのびのびと専門分野を究め、各ジャンルで国際的に活躍する大学院生たちも少なくありません。学際的視野を養い、個性豊かな研究者を育てる。それが桐蔭の大学院です。


TOPICS


教育情報の公表


法学研究科修士課程

世界的視野で問題を捉えうる法の担い手を養成


大学院法学研究科は、法律学専攻のみを設置し、すべての法分野について、広く国際的な視野に立った教育と研究を行うことを目的としています。したがって、学生は細分化された専攻の枠にとらわれることなく、自主的に任意の授業科目を選択することができます。さらに、法律学専攻の中に、相互の関連性の高い授業科目を考慮し、公法学研究分野、刑事法学研究分野、民事法学研究分野、基礎法・比較法学研究分野の4つの研究分野を設置。それぞれの研究分野ごとに、内外の研究機関との連携を強化して、教育と研究の進展をはかっています。



法学研究科博士後期課程

比較法的方法を体得した有能な研究者、高度の専門的職業人を養成


博士後期課程は、既設の大学院法学研究科修士課程における法学研究教育を基礎とし、かつ、それに接続して、日本の将来の法律学および法実務のより高度な発展を支えることができる研究者および高度の専門的職業人を養成します。特に、比較法的方法を体得し、外国法や国際関係法に精通し、高度の専門的法実務に従事する資質を備えた人材を養成します。