桐蔭横浜大学基金

【税制上の優遇措置】


 本学に対する寄付金は、特定公益増進法人に対する寄付金として、税制上の優遇措置を受けることができます。

(個人からのご寄付)
 本学に対する寄付金は、特定公益増進法人に対する寄付金として、寄付金の年額が2千円を越えた金額について、当該年の課税所得から控除されます。
 ただし、寄付金の額の合計額はその年の総所得金額等の40%までを限度としております。

[寄付金控除額] = [寄付金額] − [2千円]
*その年の総所得金額等の40%を限度

 寄付金控除の手続きは、本学が発行する「領収書」と「特定公益増進法人証明書(写)」(いずれの書類も本学から送付します)を添えて、所轄税務署にて確定申告を行っていただくことになります。

(法人からのご寄付)
 本学に対する寄付金は、特定公益増進法人に対する寄付金として、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠の限度額が設けられており、その限度額の範囲内で損金の額に算入することができます。


Menu


【寄付者のご芳名】(PDF)