萩原研究室学会発表

令和  1
平成 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10  9  8

令和元年

__▲
  1. Hiromi Hagiwara, Nobuaki Shirai, Norikazu Komoriya, Hiroki Tomisawa
    Trichloroethylene-related Compound S-(1, 2-dichlorovinyl)-L-cysteine Localized on Mouse Cartilage
    ECTS2019, 11-14 May, Budapest, HUNGARY


平成30年度

__▲
  1. Hiroaki Suzuki, Kyoko Nakata, Yuho Obata, Rieko Aida, Kaoru Yoshida, Hiromi Hagiwara
    Effects of Genistein and Daizein In Isoflavones on proliferation and Viability of Human Lung Cancer Cell A549
    13th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, October 27, 2018, Yokohama, Japan


  2. H. HAGIWARA1, K. NAKATA1, K. HAGIWARA2, T. GOTO1, K. YOSHIDA1, N. SHIRAI3, and H. TOMISAWA
    Structure Relationship among Polyphenol on Differentiation of Osteoclasts and Osteoblasts
    IOF 2018 November 28 to December 1, Sydney, Australia.


  3. Rieko Aida, Takahiro Yamashita, Kyoko Nakata, Keitaro Hagiwara, Kaoru Yoshida, Kazunori Okano, Hiromi Hagiwara
    Apigenin-mediated Up-regulation of miR-34a-5p May Contribute to the Anti-cancer Effects of Apigenin
    第41回日本分子生物学会年会,横浜,2018,11,28


  4. 相田利恵子、山下高玄、萩原啓太郎、小畑勇歩、鈴木博明、吉田薫、萩原啓実
    アピゲニンによるmiRNA34a-5pの発現増加はアピゲニンの抗ガン効果の一因となる可能性がある
    第18回日本抗加齢医学会総会 2018年5月25日 大阪


平成29年度

__▲
  1. Hiromi Hagiwara, Kyoko Nakata, Rieko Aida, Kaoru Yoshida, Hitoshi Miyazaki
    4-Hydroxyderricin inhibits osteoclast formation with attenuation of expression of RANKL mRNA
    ECTS 2017 13-15 May, Salzburg, AUSTRIA


  2. Rieko AIDA, Yuho OBATA, Kyoko NAKATA, Keitaro HAGIWARA, Kaoru YOSHIDA and Hiromi HAGIWARA
    Apigenin-mediated Up-regulation of miR-34a-5p May Contribute to the Anti-cancer Effects of Apigenin
    12th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, November 11, 2017, Yokohama, Japan


平成28年度

__▲
  1. 河野説彦,萩原啓実,吉田薫
    ジンクフィンガータンパク質Zfp318のマウス精子形成における役割の系統間差異について
    アンドロロジ―学会第35回学術大会,6月24~25日,前橋テルサ,前橋


  2. 河野説彦,萩原啓実,吉田薫
    The Difference of Fertility between Two Strains of Zfp318 KO
    The 39th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, November 31-December 2, 2016, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan


  3. Akihiko KONO, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    The Difference of Fertility between Two Strains of Zfp318 KO
    11th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, October 29, 2016, Yokohama, Japan


  4. Norikazu KOMORIYA, Nobuaki SHIRAI, Hiroki TOMISAWA, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Distribution of S-(1,2-dichlorovinyl)-L-cysteine and Its Related Substances in the Tissues in Mice by Whole-body Autoradiography.
    11th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, October 29, 2016, Yokohama, Japan


  5. Hiromi HAGIWARA, Kyoko NAKATA, and Kaoru YOSHIDA
    Chalcone 4-Hydroxyderricin Inhibits Osteoclast Formation and Accelerates Osteoblast Differentiation
    IOF Regionals Singapore’16, 6th Asia-Pasific Osteoporosis Meeting, November 4-6, 2016, Singapore


平成27年度

__▲
  1. Akihiko KONO, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    The Role of Testicular Zinc Finger Protein Zfp318 in Mouse Spermatogenesis.
    10th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, November 14, 2015, Yokohama,Japan


  2. Norikazu KOMORIYA, Nobuaki SHIRAI, Hiroki TOMISAWA, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Distribution of S-(1,2-dichlorovinyl)-L-cysteine and Its Related Substances in the Tissues in Mice.
    10th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, November 14, 2015, Yokohama,Japan


  3. Akihiko KONO, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    The Role of Testicular Zinc Finger Protein Zfp318 in Mouse Spermatogenesis.
    The 38th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan and The 88th Annual Meeting of the Biochemistry Society of Japan, December 1-4, 2015, Kobe Port Island, Kobe, Japan


  4. Tomoaki YONESAKA, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Studies on the Effects of Fisetin on Lipid Metabolism, Glycometabolism and Muscle Metabolism.
    The 38th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan and The 88th Annual Meeting of the Biochemistry Society of Japan, December 1-4, 2015, Kobe Port Island, Kobe, Japan


平成26年度

__▲
  1. Hiromi HAGIWARA, Kyoko NAKATA, Sundari Indah WIYASIHATI, and Kaoru YOSHIDA
    Flavonol Inhibits Formation of Osteoclasts in Culture System rather than Flavanone
    WCO-IFO-ESCEO SEVILLE 2014, April 2-5, 2014, Seville, Spain


  2. Kaoru YOSHIDA, Masamichi ISHIZUKA, Eri OHTSUKA, Mirei ODAKA, Hirotaka OHSHIMA, Norihisa TAMURA, Norihisa SAKO, Tadashi BABA, Shin-ichi KASHIWABARA, Masaru OKOBE, Junko NOGUCHI, and Hiromi HAGIWARA
    Testicular Zinc Finger Transcription Factor Zfp318 Deficiency Results in Defective Meiosis of Spermatogenesis in Mice.
    47th Annual Meeting of Japanese Society of Developmental Biologists, May 27-30, 2014, Nagoya, Aichi, Japan


平成25年度

__▲
  1. Keitaro HAGIWARA, Tadashi GOTO, Nobuaki SHIRAI, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Apigenin Promotes Bone Remodeling in Mouse.
    8th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, October 26, 2013, Yokohama, Japan


  2. Yoshinori SUGIYAMA, Kohei YAMAZAKI, Ayumi KUSAKA-KIKUSHIMA, and Hiromi HAGIWARA
    Expression Analysis of Aquaporin 9 in Human Epidermis and Cultured Keratinocytes.
    8th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, October 26, 2013, Yokohama, Japan


  3. 萩原啓実,飯塚俊介,吉田薫
    脂肪細胞の分化制御におけるフラボノールとフラバノンの構造相関
    第17回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,November 22-23, 2013, 千里ライフサイエンスセンター,大阪


平成24年度

__▲
  1. Yoshinori SUGIYAMA, Kohei YAMAZAKI, and Hiromi HAGIWARA
    Retinoic Acid Up-Regulates Aquaporin-3 Expression in Cultured Human Keratinocytes.
    7th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, November 10, 2012, Yokohama, Japan


  2. Shunsuke IIZUKA, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Effects of Polyphenols on Adipogenesis.
    7th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, November 10, 2012, Yokohama, Japan


  3. Tatsuya YAMADA, Keitaro HAGIWARA, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Apigenin Inhibits Tumor Formation of Human Breast Cancer Cells: Nude Mouse Xenograft Tumor Assay.
    7th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, November 10, 2012, Yokohama, Japan


  4. Shunsuke IIZUKA, Hiromi HAGIWARA, and Kaoru YOSHIDA
    The Effects of Polyphenols on Adipogenesis Depends on the Structure of Them
    The 35th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, December11-14, 2012, Fukuoka International Convention Center


  5. Kaoru YOSHIDA, Norihisa SAKO, Masamichi ISHIZUKA, Eri OHTSUKA, Atsuto INOUE, Mirei ODAKA, Hirotaka OHSHIMA, Norihisa TAMUTA, Tadashi BABA, Shinichi KASHIWABARA, Masaru OKABE, and Hiromi HAGIWARA
    Testicular Zinc Finger Transcription Factor Zfp318 Deficiency Results in Defective Sperminogenesis in Mice
    The 35th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, December11-14, 2012, Fukuoka International Convention Center


平成23年度

__▲
  1. 波田野賢一、萩原啓太郎、村田雄輔、吉田薫、萩原啓実
    金コロイド粒子のマウス体内動態。
    日本生化学会関東支部例会、July 25, 2011, 東京理科大学、飯田橋


  2. 山田達也、關晃子、小川祐樹、萩原啓実
    ヒトガン細胞の増殖に及ぼすポリフェノールの影響。
    日本動物細胞工学会2011、July 22-23, 2011, 東京大学山上会館、本郷


  3. Atsushi Kira, Ai Tanaka, Shinya Saito, Kho Fuwa, Kyouko Nakata, Hiromi Hagiwara
    Osteoclast Formation for Bone Resorption Activity Analysis on Chip.
    The 49th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, September 16-18, 2011, Himeji


  4. 萩原啓太郎、後藤忠、宮崎均、萩原啓実
    オリーブ成分ポリフェノールは骨形成を促進する。
    第84回日本生化学会大会、September 21-24, 2011, 京都国際会館、京都


  5. Nobuaki SHIRAI, Keitaro HAGIWARA, Shou KAMAKURA, Hiroki TOMISAWA, and Hiromi HAGIWARA
    Gene Expression by Trichloroethylene Metabolite DCVC in Mouse Kidney.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2011, November 5, 2011, Yokohama, Japan


  6. Shou KAMAKURA, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Localization of Aldoart1 on Mouse Testis.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2011, November 5, 2011, Yokohama, Japan


  7. Norihisa SAKO, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Localization of Androgen Receptor Corepressor Testicular Zinc-finger Protein on Mouse Epididymis.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2011, November 5, 2011, Yokohama, Japan


  8. Kenichi HATANO, Kaoru YOSHIDA, and Hiromi HAGIWARA
    Effects of PEG-Modified Gold Nanoparticles on Function of Liver and Kidney and Distribution in Brain and Testis.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2011, November 5, 2011, Yokohama, Japan


  9. Tatsuya YAMADA, Keitaro HAGIWARA, and Hiromi HAGIWARA
    Apigenin Inhibits Tumor Formation of Human Breast Cancer Cells: Nude Mouse Xenograft Tumor Assay.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2011, November 5, 2011, Yokohama, Japan


  10. Hiromi HAGIWARA, Tadashi GOTO, and Keitaro HAGIWARA
    Effects of Olive Polyphenols on Bone Loss.
    11th TJASSST2011, November 11-13, 2011, Hammamet, Tunisia


  11. Hiromi HAGIWARA, Tadashi GOTO, Keitaro HAGIWARA
    Olive Polyphenol and Bone: Improvement of Bone Loss
    第34回日本分子生物学会年会Workshop, December 13-16, 2011, パシフィコ横浜、横浜


  12. 吉田薫、佐古典久、石塚晶道、大塚絵里、井上敦人、小高みれい、大島裕隆、田村徳久、馬場忠、柏原真一、岡部勝、野口純子、萩原啓実
    TZF遺伝子欠損マウスは雄性不妊である。
    第34回日本分子生物学会年会、December 13-16, 2011, パシフィコ横浜、横浜


  13. 佐古典久、吉田薫、萩原啓実
    TZFはマウスの精子形成を制御する。
    第34回日本分子生物学会年会、December 13-16, 2011, パシフィコ横浜、横浜


  14. 鎌倉将、佐古典久、吉田薫、萩原啓実
    TZF欠損マウスにおける精巣でのAldoart1の発現変化。
    第34回日本分子生物学会年会、December 13-16, 2011, パシフィコ横浜、横浜


  15. Kenichi HATANO, Kaoru YOSHIDA, Hiromi HAGIWARA
    Effects of PEG-modified Gold Nanoparticles on Function of Liver and Kidney and Distribution in Brain and Testis.
    第34回日本分子生物学会年会、December 13-16, 2011, パシフィコ横浜、横浜


  16. 白井伸明、萩原啓太郎、鎌倉将、富澤宏樹、萩原啓実
    トリクロロエチレン代謝産物DCVCの腎毒性と遺伝子発現。
    第34回日本分子生物学会年会、December 13-16, 2011, パシフィコ横浜、横浜


  17. Hiromi HAGIWARA, Roshan BASNET, and Keitaro HAGIWARA
    Effects of Rosemary Carnosic Acid on Bone Metabolism
    IOF-ECCEO12 European Congress on Osteoporosis and Osteoarthritis, March 21-24, 2012, Bordeaux, France


平成22年度

__▲
  1. Hiromi Hagiwara and Keitaro Hagiwara
    Olive Polyphenol, oleuropein and Hydroxytyrosol, Accelerate Bone Formation in Culture and Maintain Bone Density of OVX-mice.
    IFO World Congress on Osteoporosis WCO and European Congress on Clinical and
    Economic Aspects of Osteoporosis and Osteoarthritis ECCEO10, May 5-8, 2010, Florence Italy


  2. Kenichi Hatano, Kaoru Yoshida, Keitaro Hagiwara, Yusuke Miura, and Hiromi Hagiwara
    Biodistribution of PEG-Modified Gold Nanoparticles in Mice.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2010, November 6, 2010, Yokohama,Japan


  3. Norihisa Sako, Katsutoshi Sasaki, Shou Kamakura, Kanako Yamazaki, Kaoru Yoshida, and Hiromi Hagiwara
    Localization of Andorogen Receptor Corepressor Testicular Zinc-finger Protein on Mouse Testis.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2010, November 6, 2010, Yokohama,Japan


  4. Nobuaki Shirai, Mareki Ohtsuji, Hiroki Tomisawa, Naomi Ohtsuji, Sachiko Hirose, and Hiromi Hagiwara
    Nephrotoxicity of Trichloroethylene Metabolite DCVC in Mice.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2010, November 6, 2010, Yokohama,Japan


  5. Shuhei Yabuta, Takahiro Shiihara, and Hiromi Hagiwara
    Effects of Catechin Groups on Osteoblast and Osteoclast Metabolism.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2010, November 6, 2010, Yokohama,Japan


  6. Tatsuya Yamada, Yuki Ogawa, Kouko Seki, and Hiromi Hagiwara
    Effects and Action Mechanism of Polyphenol on Proliferation of Human Cancer Cells.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2010, November 6, 2010, Yokohama,Japan


  7. 椎原誉大、萩原啓実
    セサミンは平滑筋細胞の石灰化を抑制するが骨芽細胞の石灰化には影響しない。
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会、December 7-10, 2010, 神戸ポートアイランド、神戸


  8. 禹信栄、中田享子、禹済泰、萩原啓実
    Fisetinのマウス破骨細胞の形成と骨芽細胞の分化への影響。
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会、December 7-10, 2010, 神戸ポートアイランド、神戸


  9. 白井信明、大辻希樹、富澤宏樹、萩原啓実
    マウスにおけるトリクロロエチレン代謝産物DCVCの腎毒性。
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会、December 7-10, 2010, 神戸ポートアイランド、神戸


平成21年度

__▲
  1. Keitaro Hagiwara, Tadashi Goto, and Hiromi Hagiwara
    Oleuropein and Hydroxytyrosol from Olive Maintain Bone Density of OVX-mice and Accelerate the Formation of Bone in Fetal Mice.
    31st Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    September 11-15, 2009, Denver, Colorado, USA


  2. 萩原啓太郎、後藤忠、長谷川豪、石原陽子、萩原啓実
    オリーブポリフェノールはマウスの骨密度を維持しマウス胎児の骨形成を促進する
    第27回日本骨代謝学会
    July 23-25, 2009, 大阪国際会議場、大阪


  3. 山崎貴司、萩原啓実
    Benzo[a]pyrene及び1-Nitropyreneの破骨細胞の形成への影響
    第27回日本骨代謝学会
    July 23-25, 2009, 大阪国際会議場、大阪


  4. Keitaro Hagiwara, Tadashi Goto, Go Hasegawa, Yoko Ishihara
    Oleuropein and Hydroxytyrosol from Olive Maintain Bone Density of OVX-mice and Accelerate the Formation of Bone in Fetal Mice
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2009,
    October 30, 2000, Yokohama,Japan


  5. Nobuaki Shirai, Keitaro Hagiwara, Hiroki Tomisawa, and Hiromi Hagiwara
    In vivo Effects of Trichloroethylene Metabolite DCVC against Bone.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2009,
    October 30, 2000, Yokohama, Japan


  6. Takashi Yamaguchi, Kaoru Yoshida and Hiromi Hagiwara
    Proteome Analysis of Tissues from Ascorbic Acid-deficient Rats.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2009,
    October 30, 2009, Yokohama, Japan


  7. Tadashi Yamazaki and Hiromi Hagiwara
    Effect of Benzo[a]pyrene and 1-Nitropyrene on Bone Metabolism
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2009,
    October 30, 2000, Yokohama, Japan


  8. Keitaro Hagiwara, Tadashi Goto, and Hiromi Hagiwara
    Oleuropein from Olive Stimulates the Differentiation and Mineralization of Cultured
    Osteoblasts and Inhibits the Formation of Osteoclasts in Culture.
    10th TJASSST2009,
    November 11-13, 2009, Hammamet, Tunisia


  9. Hiromi Hagiwara, Yuki Ogawa, Kouko Seki, and Keitaro Hagiwara
    Effects and Action Mechanism of Polyphenol on Proliferation of Human Cancer Cells.
    10th TJASSST2009,
    November 11-13, 2009, Hammamet, Tunisia


  10. 山口貴史、吉田薫、萩原啓実
    アスコルビン酸により発現調節されているタンパク質の同定。
    第32回日本分子生物学会年会、December 9-12, 2009, パシフィコ横浜、横浜


  11. 佐古典久、佐々木克稔、鎌倉将、山崎加奈子、吉田薫、萩原啓実
    ARコリプレッサーTZFのマウス精巣での局在
    第32回日本分子生物学会年会、December 9-12, 2009, パシフィコ横浜、横浜


  12. 萩原啓実、後藤忠、萩原啓太郎
    オリーブポリフェノールHydroxytyrosolはマウスの骨形成を促進する。
    第32回日本分子生物学会年会、December 9-12, 2009, パシフィコ横浜、横浜


  13. 波田野賢一、萩原啓太郎、村田雄輔、吉田薫、萩原啓実
    金コロイド粒子のマウス体内動態
    第32回日本分子生物学会年会、December 9-12, 2009, パシフィコ横浜、横浜


  14. 小川祐希、関晃子、萩原啓太郎、萩原啓実
    ヒトがん細胞におけるアピゲニンとクルクミンによる増殖抑制の作用機序の解析。
    第32回日本分子生物学会年会、December 9-12, 2009, パシフィコ横浜、横浜


  15. 山崎貴司、萩原啓実
    Benzo[a]pyrene及び1‐Nitropyreneの骨代謝への影響
    第32回日本分子生物学会年会、December 9-12, 2009, パシフィコ横浜、横浜


平成20年度

__▲
  1. Keitaro Hagiwara, Tadashi Goto, and Hiromi Hagiwara
    Oleuropein from Olive Stimulates the Differentiation and Mineralization of Cultured Osteoblasts and Inhibits the Formation of Osteoclasts in Culture.
    30th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September 12-16, 2008, Montreal, Quebec, Canada


  2. 萩原啓太郎、後藤忠、萩原啓実
    オリーブポリフェノールの骨形成への影響:破骨細胞の形成抑制と骨芽細胞の分化・石灰化の促進
    第26回日本骨代謝学会、October 29-31,2008, 大阪国際会議場、大阪


  3. 山崎貴司、萩原啓実
    Benzo[a]pyrene 及び1-Nitropyreneの骨芽細胞の増殖・分化・石灰化への影響
    第26回日本骨代謝学会、October 29-31,2008, 大阪国際会議場、大阪


  4. 山崎加奈子、萩原啓実
    鉄イオンは骨芽細胞のTypeコラーゲン生産を抑制する
    第26回日本骨代謝学会、October 29-31,2008, 大阪国際会議場、大阪


  5. Nobuaki Shirai, Keitaro Hagiwara, Shousuke Sugiyama, Hiroki Tomisawa, and Hiromi Hagiwara
    In vivo Effects of Trichloroetylene Metabolite DCVC against Bone.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2008, October 31, 2008, Yokohama, Japan


  6. Takashi Yamaguchi, Kaoru Yoshida and Hiromi Hagiwara
    Proteome Analysis of Tissues from Ascorbic Acid-deficient Rats.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2008, October 31, 2008, Yokohama, Japan


  7. Hiromi Hagiwara, Tadashi Goto, and Keitaro Hagiwara
    Oleuropein Stimulates the Differentiation and Mineralization of Cultured Osteoblasts and Inhibits the Formation of Osteoclasts in Culture. Kantaoui Forum 9th Ed. TJASSST2008, November 9-11, 2008, Kantaoui, Tunisia


  8. Keitaro Hagiwara and Hiromi Hagiwara
    Olive Polyphenol, Oleuropein and Hydroxytyrosol Promote the Differentiation and Mineralization of Osteoblasts and Inhibit the Formation of Osteoclasts.
    Kantaoui Forum 9th Ed. TJASSST2008, November 9-11, 2008, Kantaoui, Tunisia


  9. Tadashi Goto and Hiromi Hagiwara
    Apigenin Inhibites the Proliferation and Differentiation of Osteoblasts and the Formation of Osteoclasts.
    Kantaoui Forum 9th Ed. TJASSST2008, November 9-11, 2008, Kantaoui, Tunisia


平成19年度

__▲
  1. 萩原啓実、中田享子、相田利恵子、萩原啓太郎
    スピルリナ含有成分の骨芽細胞に与える影響
    第25回日本骨代謝学会、July 19-21, 2007, 大阪国際会議場、大阪


  2. 杉山翔亮、高本耕三、富澤宏樹、菊地裕美、萩原啓実
    トリクロロエチレン代謝産物の骨関連細胞に与える影響
    第25回日本骨代謝学会、July 19-21, 2007, 大阪国際会議場、大阪


  3. 後藤忠、萩原啓実
    アピゲニンは骨芽細胞の増殖・分化と破骨細胞の形成を抑制する
    第25回日本骨代謝学会、July 19-21, 2007, 大阪国際会議場、大阪


  4. Hiromi Hagiwara, Nobuaki Hashimoto, Tomoya Ohno, Kanako Yamazaki, Hiroki Okumura, and Tsuyoshi Ito
    Role of Fe3+ Ion and Ferritin on Differentiation of Chondrocytes at the Stage of Calcification.
    29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    September 16-19, 2007, Honoruru, Hawaii, USA


  5. Kozo Takamoto, Shousuke Sugiyama, Hiroki Tomisawa, Hiromi Kikuchi and Hiromi Hagiwara
    Effects of Trichloroethylene Metabolite DCVC against Bone-related Cell Lines.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2007, November 2, 2007, Yokohama, Japan


  6. Hiromi Hagiwara, Shoko Saito, Yuji Tezuka
    Effects of Tributyltin on Mouse Bone Metabolism
    第10回環境ホルモン学会、10-11 December 2007, 大宮ソニックシティ


  7. 萩原啓太郎、萩原啓実
    オリーブ成分オレウロペインは骨芽細胞の分化・石灰化を促進し破骨細胞の形成を抑制する。
    第30回日本分子生物学会年会・第80日本生化学会大会、11-15 December 2007, パシフィコ横浜


  8. 萩原啓実、後藤忠
    植物ポリフェノールアピゲニンは骨芽細胞細胞の増殖・分化と破骨細胞の形成を抑制する。
    第30回日本分子生物学会年会・第80日本生化学会大会、11-15 December 2007, パシフィコ横浜


平成18年度

__▲
  1. Hiromi Hagiwara, Toshinori Sugizaki, Shoko Saito, Yu Tsukamoto, Emi Senoh, Yoko Ishihara Alkylphenol Inhibits Osteoclast Formation, but Not Osteoblast Proliferation and Differentiation.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18-23, 2006, Kyoto, Japan


  2. 山崎加奈子、庭野博子、橋本宣明、萩原啓実
    鉄イオンによる骨芽細胞の増殖・分化の抑制
    第24回日本骨代謝学会、July 6-8, 2006, 東京ファションタウン、東京


  3. 斉藤翔子、能登谷倫崇、萩原啓実
    植物ポリフェノールの骨代謝への影響
    第24回日本骨代謝学会、July 6-8, 2006, 東京ファションタウン、東京


  4. 萩原啓実、橋本宣明、大野朋哉、奥村弘樹、伊藤剛
    軟骨細胞の石灰化時期における鉄イオンとフェリチンの役割
    第24回日本骨代謝学会、July 6-8, 2006, 東京ファションタウン、東京


  5. Hiromi Hagiwara, Shoko Saito, Michitaka Notoya
    Polyphenol, Curcumin and Quercetin, Stimulate Expression of p21 mRNA and Inhibit the Proliferation and Mineralization of Cultured Osteoblasts.
    28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September 15-19, 2006, Philadelphia, Pennsylvania, USA


  6. 萩原啓実
    環境ホルモンの骨代謝に及ぼす影響
    自動車工業会講演会、October 3, 2006, 東京


  7. Shoko Saito and Hiromi Hagiwara
    Effects of Tributyltin on Bone Metabolism
    第20回バイオハイブリッド研究会、November 11, 2006, 東京工業大学、横浜


  8. Shoko Saito, Yu Tsukamoto, Yuji Tezuka, and Hiromi Hagiwara
    The Effects of Tributyltin on Bone Formation in vivo and in vitro.
    Toin International Symposium on Biomedical Engineering 2006,
    November 2, 2006, Toin University of Yokohama, Yokohama, Japan


  9. 萩原啓実
    新規CT受容体リガンドCRSP-1の破骨細胞への影響
    第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会、December 2, 2006, 如水会館、東京


  10. Hiromi Hagiwara
    Phytopolyphenol, quercetin and curcumin, inhibit the proliferation and differentiation of osteoblasts and the loss of bone density.
    7th Tunisia-Japan Symposium on Society, Science & Technology,
    December 4-6, 2006, Sousse, Tunisia


平成17年度

__▲
  1. 杉崎俊則、手塚裕二、萩原啓実
    アルキルフェノールは破骨細胞の形成を抑制する
    桐蔭横浜大学工学部産学交流シンポジウム、26 Feburary 2005, 神奈川


  2. 萩原啓実
    私たちの生活が骨の形成に及ぼす影響
    第20回バイオハイブリッド研究会、19 May 2005, 東京


  3. 手塚裕二、杉崎俊則、萩原啓実
    アルキルフェノールの骨代謝に及ぼす影響
    第20回バイオハイブリッド研究会、19 May 2005, 東京


  4. 石居侑子、齋藤翔子、能登谷倫崇、萩原啓実
    植物ポリフェノールクルクミンの骨代謝への効果
    第20回バイオハイブリッド研究会、19 May 2005, 東京


  5. 陶栄華、河手久弥、呉茵、大中佳三、石塚晶道、萩原啓実、高柳涼一
    新規corepressor,TZFによるAR転写活性化抑制機構
    第78回日本内分泌学会学術総会、20 April 2005, 東京


  6. 萩原啓実、能登谷倫崇、新井留美子、片渕剛、南野直人
    新規カルシトニン様ペプチドCRSPは破骨細胞の形成と活性を阻害する
    第23回日本骨代謝学会、21-23 July 2005, 大阪


  7. 庭野博子、能登谷倫崇、西村裕之、禹済泰、永井和夫、萩原啓実
    クルクミンによる骨芽細胞増殖阻害のシグナル解析
    第23回日本骨代謝学会、21-23 July 2005, 大阪


  8. 杉崎俊則、能登谷倫崇、妹尾英実、石原陽子、萩原啓実
    ノニルフェノール、オクチルフェノールが骨代謝に及ぼす影響
    第23回日本骨代謝学会、21-23 July 2005, 大阪

  9. 橋本宣明、大野朋哉、三井健一、西村裕之、萩原啓実
    軟骨細胞分化における鉄イオンの役割
    第23回日本骨代謝学会、21-23 July 2005, 大阪


  10. Hiromi Hagiwara, Michitaka Notoya, Rumiko Arai, Takeshi Katafuchi, Naoto Minamino
    A Novel Member of the Calcitonin Gene-related Peptide Family, Calcitonin Receptor‐stimulating Peptide, Inhibits Osteoclastogenesis.
    27th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    September 23-27, 2005, Nashville, Tennessee, USA


  11. 萩原啓実、能登谷倫崇、片渕剛、南野直人
    破骨細胞の形成と活性を阻害する新規ペプチドCRSP
    第9回日本心血管内分泌代謝学会、18-19 November 2005, 品川


  12. 小高みれい、石塚晶道、河手久弥、高柳涼一、萩原啓実
    TZFはN-CoRとは異なる核内受容体の転写抑制因子である。
    第28回日本分子生物学会年会、7-10 December 2005, 福岡


  13. 齋藤翔子、能登谷倫崇、高見正道、西村裕之、禹済泰、永井和夫、萩原啓実
    クルクミンによる骨量減少の抑制
    第28回日本分子生物学会年会、7-10 December 2005, 福岡


  14. 橋本宣明、大野朋哉、三井健一、西村裕之、萩原啓実
    鉄イオンの軟骨細胞分化調節
    第28回日本分子生物学会年会、7-10 December 2005, 福岡


  15. 米澤貴之、長谷川森一、萩原啓実、永井和夫、禹済泰
    破骨細胞分化に対する有機スズ化合物の作用の解析
    第28回日本分子生物学会年会、7-10 December 2005, 福岡


  16. 石居侑子、齋藤翔子
    植物ポリフェノール・クルクミンの生体内での骨代謝に及ぼす影響
    2005年度学生研究発表会、25 February 2006, 横浜


  17. 萩原啓実
    植物ポリフェノールによる骨代謝の制御
    平成17年度科学研究費補助金基盤研究C(企画調査)公開シンポジウム
    「有用生物資源探査の現状と将来」、20 March 2006, 筑波


平成16年度

__▲
  1. Hiromi Hagiwara, Yoko Ishihara, Toshinori Sugizaki, Yo Tsukamoto
    Butyltin Compounds Inhibit the Ossification in vivo and Differentiation of Osteoblasts in vitro.
    26thAnnual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    October 1-5, 2004, Seattle, Washington, USA


  2. 橋本宣明、能登谷倫崇、萩原啓実
    ビタミンDによる筋芽細胞C2C12の筋管形成の抑制
    第19回バイオハイブリッド研究会、24 May 2004, 東京


  3. 能登谷崇倫、西村裕之、禹済泰、永井和夫、萩原啓実
    Quercetinのp21シグナルを介した骨芽細胞の増殖・分化阻害の可能性
    第22回日本骨代謝学会、5-7 August 2004, 大阪


  4. 萩原啓実、塚本優、杉崎俊則、石原陽子
    トリブチルスズによる骨形成抑制メカニズムの解析
    第22回日本骨代謝学会、5-7 August 2004, 大阪


  5. 橋本宣明、能登谷倫崇、萩原啓実 VitaminD3 inhibits the formation of myotubes by myoblastic C2C12 cells.
    第77回日本生化学会学会、13-16 October 2004, 横浜


  6. 石塚晶道、河手久弥、高柳涼一、大島裕隆、萩原啓実
    Zinc Fingerタンパク質TZFはアンドロゲン受容体の転写抑制因子である.
    第27回日本分子生物学会年会、8-11 December 2004, 神戸


  7. 田村徳久、小高みれい、大島裕隆、石塚晶道、萩原啓実
    精巣におけるTZFとPIASγとの相互作用
    第27回日本分子生物学会年会、8-11 December 2004, 神戸


  8. 杉崎俊則、能登谷倫崇、妹尾英実、石原陽子、萩原啓実
    アルキルフェノールの骨代謝に及ぼす影響:培養破骨細胞形成の阻害
    第7回環境ホルモン学会研究会、13-14 December 2004, 名古屋


  9. 萩原啓実、杉崎俊則、手塚裕二
    環境ホルモンの骨形成に及ぼす影響
    第7回桐蔭横浜大学工学部産学交流シンポジウム、26 Feburary 2005, 横浜


平成15年度

__▲
  1. Yu Tsukamoto, Masae Naruse, Yoko Ishihara, and Hiromi Hagiwara
    Tributyltin inhibits the formation of osteoblast: elucidation of inhibitory mechanism.
    IBMS-JSBMR 2003, International Bone and Mineral Society and Japan Bone and Mineral Society, June 3-7, 2003, Osaka


  2. Michitaka Notoya, Yu Tsukamoto, Eri Otsuka, Akira Yamaguchi, and Hiromi Hagiwara
    BMP-2 and ascorbic acid stimulate osteoclastogenesis by osteoblast-like cells established from Runx-2-deficient mouse in the presence of vitamin D.
    IBMS-JSBMR 2003, International Bone and Mineral Society and Japan Bone and Mineral Society, June 3-7, 2003, Osaka


  3. 石塚晶道、大島裕隆、田村徳久、萩原啓実
    酵母Two-hybridシステムを用いたZinc Finger Priotein TZFの機能解析
    第18回バイオハイブリッド研究会、21 May 2003, 東京


  4. 大野朋哉、三井健一、西村裕之、二見綾子、稲田祐二、萩原啓実
    前軟骨細胞株ATDC5のプロテオーム解析:軟骨分化調節因子の探索
    第18回バイオハイブリッド研究会、21 May 2003, 東京


  5. 能登谷崇倫、塚本優、禹済泰、永井和夫、萩原啓実
    Effects of quercetin on cultured cells suggest that it can influence the formation of bone.
    第76回日本生化学会学会、15-18 October 2003, 横浜


  6. 萩原啓実、成瀬雅衣、石原陽子、富田幸子、成瀬光栄
    環境ホルモンと生活習慣病の関連:骨代謝におよぼす影響
    第7回日本心血管内分泌代謝学会総会、21-22 November 2003, 札幌


  7. 塚本優、富田幸子、石原陽子、萩原啓実
    トリブチルスズによるマウス・ラット頭頂骨骨形成異常の解析
    第6回環境ホルモン学会研究会、2-3 December 2003, 仙台


  8. 能登谷崇倫、塚本優、西村裕之、禹済泰、永井和夫、萩原啓実
    Quercetin inhibits the proliferation and differentiation of osteoblasts in vitro.
    第26回日本分子生物学会年会、10-13 December 2003, 神戸


平成14年度

__▲
  1. 今野結子、富田幸子、萩原啓実、石原陽子
    マウス胎仔骨の発達におよぼす各種内分泌撹乱物質の影響
    第72回日本衛生学会総会、26−29 March 2002, 三重


  2. 今野結子、富田幸子、萩原啓実、石原陽子
    ホ乳類の骨形成・分化に基づいた偽内分泌撹乱物質の健康影響評価
    第75回日本産業衛生学会、9-12 April 2002, 神戸


  3. 石塚晶道、萩原啓実、中田勉、田村徳久、広瀬茂久
    Zinc Finger Priotein TZFの構造と機能解析
    第17回バイオハイブリッド研究会、29 May 2002, 横浜


  4. 大野朋哉、三井健一、西村裕之、二見綾子、稲田祐二、萩原啓実
    プロテオミクス解析による軟骨・骨代謝調節因子の探索
    第17回バイオハイブリッド研究会、29 May 2002, 横浜


  5. 大塚絵里、山口朗、萩原啓実
    BMP-2による筋芽細胞株C2C12の破骨細胞形成支持能の獲得
    第20回日本骨代謝学会、25-27 July 2002, 岡山


  6. 成瀬雅衣、富田幸子、今野結子、石原陽子、萩原啓実
    ダイオキシン受容体リガンドメチルコランスレンの骨芽細胞の増殖・分化とマウス胎仔骨の石灰化に及ぼす影響
    第20回日本骨代謝学会、25-27 July 2002, 岡山


  7. 塚本優、石原陽子、萩原啓実
    トリブチルスズによる破骨細胞の形成抑制機構の解明
    第20回日本骨代謝学会、25-27 July 2002, 岡山


  8. 萩原啓実、成瀬雅衣、富田幸子、今野結子、小池由紀子、石原陽子
    メチルコランスレンによる骨形成異常のメカニズムの解析
    第75回日本生化学会大会、 14-18 October 2002, 京都


  9. 大島裕隆、石塚晶道、中田勉、井上敦人、田村徳久、広瀬茂久、萩原啓実
    新規因子TZF・TZF-Lの構造及び機能解析
    第75回日本生化学会大会、 14-18 October 2002, 京都


  10. 石塚晶道、大島裕隆、田村徳久、萩原啓実
    精巣において高発現するzinc finger protein TZF及びTZF-Lの構造と機能解析
    第6回日本心血管内分泌代謝学会、22-23 November 2002, 大阪


  11. 萩原啓実、成瀬雅衣、塚本優、富田幸子、石原陽子
    環境ホルモンによるマウス骨形成異常の解析
    第5回環境ホルモン学会研究発表会、25-26 November 2002, 広島


  12. 石塚晶道、大島裕隆、中田勉、田村徳久、萩原啓実
    マウス精巣で高発現するTZF及びTZF-Lの転写調節領域の解析と発現細胞の同定
    第25回日本分子生物学会年会、11-14 December 2002, 横浜


  13. 大島裕隆、細谷理樹、石塚晶道、萩原啓実
    精巣におけるTZFとRanBPMの相互作用
    第25回日本分子生物学会年会、11-14 December 2002, 横浜


  14. 大野朋哉、三井健一、西村裕之、松島瑞子、稲田祐二、萩原啓実
    LC/MS/MSを用いた成長板軟骨における分化制御因子の探索
    第25回日本分子生物学会年会、11-14 December 2002, 横浜


  15. 能登谷崇倫、大塚絵里、山口朗、萩原啓実
    RUNX2遺伝子欠損マウスから調製した骨芽細胞様細胞はビタミンDにより破骨細胞の形成を支持する
    第25回日本分子生物学会年会、11-14 December 2002, 横浜


  16. 泰永浄土、萩原啓実、佐伯俊彦
    再生中のプラナリアに対する環境ホルモンの影響
    第25回日本分子生物学会年会、11-14 December 2002, 横浜


平成13年度

__▲
  1. 石原陽子、萩原啓実、西川俊夫、香川順
    哺乳動物での内分泌撹乱化学物質のリスク評価−No.1 6系統マウスでのエストロゲン様ホルモンの免疫機能への影響
    第71回日本衛生学会総会、27−30 April 2001, 福島


  2. 細谷理樹、萩原啓実
    Two-hybrid Systemを用いた新規骨形成因子の探索
    第16回バイオハイブリッド研究会、29 May 2001, 横浜


  3. Hiromi Hagiwara, Eri Otsuka, Atsushi Koyama, Atsuto Inoue
    Intracellular Production of cGMP Stimulates the Differentiation of Osteoblastic Cells.
    1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the European Calcified Tissue Society, June 5-10, 2001, Madrid, Spain


  4. 大塚絵里、山口朗、萩原啓実
    アスコルビン酸はRunx2を介さずに破骨細胞形成を促進する
    第19回日本骨代謝学会、8-11 August 2001, 名古屋


  5. 山岸卓視、大塚絵里、萩原啓実
    トポイソメラーゼII活性阻害剤によるRANKLとOPGの発現調節による破骨細胞形成の抑制
    第19回日本骨代謝学会、8-11 August 2001, 名古屋


  6. 成瀬雅衣、小山敦史、石原陽子、萩原啓実
    ダイオキシン受容体リガンドメチルコランスレンによる破骨細胞形成の阻害
    第19回日本骨代謝学会、8-11 August 2001, 名古屋


  7. 細谷理樹、萩原啓実
    酵母Two-hybrid Systemを用いたNPR-Cの細胞内シグナル伝達の解析
    第74回日本生化学会大会、 25-28 October 2001, 京都


  8. 大塚絵里、山口朗、萩原啓実
    筋芽細胞株C2C12はBMP-2により破骨細胞形成を支持する細胞に分化する
    第74回日本生化学会大会、 25-28 October 2001, 京都


  9. 萩原啓実、成瀬雅衣、石原陽子
    ダイオキシン受容体リガンドによる破骨細胞形成の阻害
    第5回日本心血管内分泌代謝学会、23-24 November 2001, 東京


  10. 石塚晶道、大島裕隆、井上敦人、中田勉、広瀬茂久、萩原啓実
    マウス精巣で高発現する因子TZF及びTZF-Lの遺伝子構造解析と細胞内局在
    第24回日本分子生物学会年会、9-12 December 2001, 横浜


  11. 萩原啓実、成瀬雅衣、塚本優、石原陽子
    AhRリガンドメチルコランスレンによる骨代謝の阻害
    第4回環境ホルモン学会研究発表会、14-15 December 2001, 筑波


平成12年度

__▲
  1. 大塚絵里、井上敦人、萩原啓実
    破骨細胞形成におけるアスコルビン酸の作用機構
    第18回日本骨代謝学会、19-22 July 2000, 広島


  2. 小山敦史、大塚絵里、萩原啓実
    NOは間葉系細胞ST2細胞においてプロスタグランジンE2産生を介し骨芽細胞への分化を促進させる
    第18回日本骨代謝学会、19-22 July 2000, 広島


  3. 井上敦人、小林有己、萩原啓実
    C型ナトリウム利尿ペプチドにより骨芽細胞で誘導される新規石灰化因子
    第18回日本骨代謝学会、19-22 July 2000, 広島


  4. Hiromi Hagiwara, Yuki Kobayashi, Masamichi Ishizuka, Shigehisa Hirose, and Atsuto Inoue
    Identification of a Novel Osteoblastic Gene Whose Transcript Might Function in Mineralization as a Noncoding RNA.
    22nd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    September 22-26, 2000, Toronto, Ontario, Canada


  5. 萩原啓実、井上敦人、石塚晶道、広瀬茂久
    骨芽細胞の石灰化を促進する新規Zinc finger protein
    第4回日本心血管内分泌代謝学会、24-25 November 2000, 大阪


  6. 井上敦人、石地 睦、笠木 聡、石塚晶道、広瀬茂久、萩原啓実
    精巣に局在するzinc finger protein TZFのアイソフォームのクローニング
    第23回日本分子生物学会年会、13-16 December 2000, 神戸


平成11年度

__▲
  1. 大塚絵里、井上敦人、萩原啓実
    アスコルビン酸は破骨細胞分化に必須である
    第17回日本骨代謝学会、29-31 July 1999, 大阪


  2. 小山敦史、大塚絵里、小林有己、萩原啓実
    一酸化窒素(NO)により産生されるcGMPの骨分化への影響
    第17回日本骨代謝学会、29-31 July 1999, 大阪


  3. 大塚絵里、加藤佳久、広瀬茂久、萩原啓実
    破骨細胞分化におけるアスコルビン酸の作用機構の解析
    第72回日本生化学会大会、6-9 October 1999,横浜


  4. 笠木 聡、湯原さち子、井上敦人、大塚絵里、広瀬茂久、萩原啓実
    ニコチンの骨芽細胞と破骨細胞の分化への影響
    第72回日本生化学会大会、6-9 October 1999,横浜

  5. Atsuto Inoue, Atsushi Kamiya, Atsushi Ishiji, Yoshiharu Hiruma, Shigehisa Hirose, and Hiromi Hagiwara
    Vasoactive peptides-Regulated Gene Expression during Osteoblastic Differentiation.
    6th International Conference on Endothelins, October 10-13, 1999, Montreal, Canada


  6. Eri Otsuka, Atsuto Inoue, and Hiromi Hagiwara
    Ascorbic Acid Induces the Formation of Osteoclasts through the Expression of Osteoclast Differentiation Factor.
    21st Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    September 30-October 4, 1999, St. Louis, MO, USA


  7. Satoshi Kasagi, Sachiko Yuhara, Atsuto Inoue, Eri Otsuka, Shigehisa Hirose, and Hiromi Hagiwara
    The Effects of Nicotine on the Formation and Resorption of Bone Using Cultured Cells.
    21st Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research,
    September 30-October 4, 1999, St. Louis, MO, USA


  8. 小山敦史、大塚絵里、広瀬茂久、萩原啓実
    NOにより産生されるcGMPを介した骨芽細胞の分化促進作用
    第3回日本心血管内分泌代謝学会、26-27 November 1999, 東京


  9. 井上敦人、石地 睦、笠木 聡、石塚晶道、広瀬茂久、萩原啓実
    Testisに局在する新規zinc finger protein
    第22回日本分子生物学会年会、6-10 December 1999, 福岡M


平成10年度

__▲
  1. 萩原啓実、昼間由晴、井上敦人、大塚絵里、小林有己、山口朗
    エンドセリンによる培養骨芽細胞の骨分化・骨形成の時期特異的阻害
    第16回日本骨代謝学会、5-8 August 1998, 東京


  2. 井上敦人、大塚絵里、萩原啓実
    ナトリウム利尿ペプチドによるバイグリカンの発現制御
    第16回日本骨代謝学会、5-8 August 1998, 東京


  3. 大塚絵里、井上敦人、山口朗、萩原啓実
    アスコルビン酸によって制御されるマウス骨髄由来ストローマ細胞株ST2の骨分化
    第16回日本骨代謝学会、5-8 August 1998, 東京


  4. 大塚絵里、小山敦史、広瀬茂久、萩原啓実
    可溶性グアニル酸シクラーゼを介した一酸化窒素(NO)の培養骨芽細胞への作用
    第1回日本血管細胞生物学会、12 September 1998, 東京


  5. 安達千佳、井上敦人、大塚絵里、成瀬光栄、成瀬清子、笠木聡、小山敦史、浜岡崇憲、 広瀬茂久、萩原啓実
    イプリフラボンによる骨芽細胞のエンドセリン受容体発現の抑制
    第71回日本生化学会大会、14-17 October 1998, 名古屋


  6. 井上敦人、神谷麻子、石地睦、小林有己、中村倫子、広瀬茂久、萩原啓実
    Differential Display法を用いたエンドセリンにより変動する骨芽細胞由来因子の探索
    第71回日本生化学会大会、14-17 October 1998, 名古屋


  7. Hiromi Hagiwara, Eri Otsuka, Shigehisa Hirose, and Akira Yamaguchi
    Characterization of Osteoblastic Differentiation of Bone Marrow-Derived Stromal Cell line ST2 by Ascorbic Acid.
    1998 Second Joint Meeting of the ASBMR and the IBMS, December 1-6, 1998, San Francisco, CA, USA


  8. Atsuto Inoue, Asako Kamiya, Atsushi Ishiji, Yoshiharu Hiruma, Shigehisa Hirose, and Hiromi Hagiwara
    Analysis of Endothelin-Regulated Genes during Osteoblastic Differentiation by Differential Display-PCR Technique.
    1998 Second Joint Meeting of the ASBMR and the IBMS, December 1-6, 1998, San Francisco, CA, USA


  9. 安達千佳、井上敦人、大塚絵里、成瀬光栄、成瀬清子、広瀬茂久、出村博、萩原啓実
    イプリフラボンによる骨芽細胞のエンドセリン受容体発現の抑制
    第2回日本心血管内分泌代謝学会、27-28 November 1998, 京都


平成9年度

__▲
  1. 萩原啓実
    血管作動性ペプチドによる骨分化・骨形成の調節
    第2回循環調節因子研究会、12-13 July 1997, 東京


  2. 井上敦人、大塚絵里、昼間由晴、山口朗、萩原啓実
    前骨芽細胞MC3T3-E1におけるナトリウム利尿ペプチドシステムの 役割とそのレチノイドによる制御
    第15回日本骨代謝学会、24-26 July 1997, 大宮


  3. 昼間由晴、井上敦人、山口朗、萩原啓実
    アンジオテンシンⅡによるラット頭頂骨由来骨芽細胞の増殖・分化調節
    第15回日本骨代謝学会、24-26 July 1997, 大宮


  4. 大塚絵里、井上敦人、山口朗、萩原啓実
    骨芽細胞におけるナトリウム利尿ペプチドシステムの存在と C型ナトリウム利尿ペプチドのType I collagen遺伝子発現への影響
    第15回日本骨代謝学会、24-26 July 1997, 大宮


  5. 昼間由晴、井上敦人、塩濱愛子、神谷麻子、湯原さち子、太田舞子、広瀬茂久、山口朗、 萩原啓実
    エンドセリンによる骨分化・骨形成の抑制
    第70回日本生化学会大会、23-25 September 1997, 金沢


  6. 大塚絵里、平野清子、松下祥司、昼間由晴、井上敦人、広瀬茂久、山口朗、萩原啓実
    一酸化窒素(NO)の骨芽細胞への作用
    第70回日本生化学会大会、23-25 September 1997, 金沢


  7. Hiromi Hagiwara, Atsuto Inoue, Yoshiharu Hiruma, Eri Otsuka, Akira Yamaguchi, Mayumi Furuya, Shoji Tanaka, and Shigehisa Hirose
    Regulation by Vasoactive Peptides of Osteoblastic Differentiation and Bone Formation.
    19th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, 10-14 September 1997, Cincinnati, Ohio, USA


  8. Yoshiharu Hiruma, Atsuto Inoue, Aiko Shiohama, Shigehisa Hirose, Akira Yamaguchi, and Hiromi Hagiwara
    Endothelins Inhibited the Maturation and Mineralization of Osteoblasts via ETA Receptor.
    5th International Conference on Endothelin, 12-15 September 1997, Kyoto, Japan


  9. 井上敦人、昼間由晴、大塚絵里、広瀬茂久、山口朗、萩原啓実
    骨芽細胞に対する血管作動性ペプチドの作用
    第1回日本心血管内分泌代謝学会、21-22 November 1997, 横浜


  10. 井上敦人、早川朋子、大塚絵里、神谷麻子、鈴木善郎、広瀬茂久、萩原啓実
    CNPによる骨芽細胞におけるバイグリカンの発現調節
    第12回研究会、15 Febrauary 1998, 大阪


平成8年度

__▲
  1. Hiromi Hagiwara, Atsuto Inoue, Yoshiharu Hiruma, Akira Yamaguchi, Satoshi Yokose, Mayumi Furuya, Shoji Tanaka, and Shigehisa Hirose
    Natriuretic Peptides Regulate the Proliferation and Differentiation of Osteoblastic Cells.
    16th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 23-27 June 1996, Glasgow, UK.


  2. Toshiro Seki, Mitsuhide Naruse, Kiyoko Naruse, Hiromi Hagiwara, Shigehisa Hirose, and Hirishi Demura
    Significant gene expression of endothelial type nitric oxide synthase (NOS-III) in rat myocardium.
    16th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 23-27 June 1996, Glasgow, UK.


  3. 井上敦人、昼間由晴、山口朗、萩原啓実
    cAMPとcGMPの骨芽細胞の分化への影響
    第14回日本骨代謝学会、18-20 July 1996, 大阪


  4. 萩原啓実 、井上敦人、昼間由晴、山口朗
    ナトリウム利尿ペプチドにより産生されるcGMPによる骨芽細胞の増殖抑制と分化促進
    第14回日本骨代謝学会、18-20 July 1996, 大阪


  5. Hiromi Hagiwara
    Regulation of the Proliferation and Differentiation by Vasoactive Peptides of Osteoblastic Cells.
    International Tokyo Symposium on Hypertension 1996, 31 August 1996, Tokyo, Japan.


  6. 関敏郎、成瀬清子、吉本貴宣、田中正巳、田辺晶代、 新井桂子、成瀬光栄、出村博、萩原啓実、広瀬茂久
    一酸化窒素合成酵素(NOS)の3種のアイソフォーム遺伝子の 組織分布、特に、心筋細胞における内皮型NOS遺伝子発現
    第69回日本内分泌学会、3-5 July 1996, 大阪


  7. 吉本貴宣、成瀬光栄、成瀬清子、塩野谷紀聖子、田辺晶代、新井桂子、 藤巻康子、田中正巳、関敏郎、三品直子、村木篁、萩原啓実、広瀬茂久、出村博
    高血圧ラットにおける血管壁Na利尿ペプチド(NP)受容体の遺伝子発現調節: KininおよびAngiotensinの関与
    第69回日本内分泌学会、3-5 July 1996, 大阪


  8. 萩原啓実
    ナトリウム利尿ペプチドによる骨代謝の調節
    第1回循環調節因子研究会、27-28 July 1996, 東京


  9. 井上敦人、昼間由晴、早川朋子、広瀬茂久、古谷真優美、田中正治、萩原啓実
    前骨芽細胞MC3T3-E1におけるCNP/B型ナトリウム利尿ペプチドシステムの生理的役割
    第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会合同年会、26-30 August 1996, 札幌


  10. 昼間由晴、井上敦人、平野清子、広瀬茂久、萩原啓実
    アンジオテンシンⅡによる骨芽細胞の増殖の調節
    第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会合同年会、26-30 August 1996, 札幌


  11. 萩原啓実、昼間由晴、井上敦人、大塚絵里、広瀬茂久
    アンジオテンシンⅡによる骨芽細胞の分化の抑制
    第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会合同年会、26-30 August 1996, 札幌


  12. 加藤明、猿田洋子、細入剛彦、杉浦直明、小野俊浩、萩原啓実、広瀬茂久
    ブタEP24.16(Endopeptidase 24.16, MOP)遺伝子のプロモーター領域の解析と、 転写産物中に見いだされた3つ目の新たな翻訳開始点
    第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会合同年会、 26-30 August 1996, 札幌


  13. 井上敦人、昼間由晴、大塚絵里、早川朋子、平野清子、広瀬茂久、 山口朗、古谷真優美、田中正治、萩原啓実
    ナトリウム利尿ペプチドシステムによる骨分化・骨形成の促進
    第11回ANP研究会、14-15 February 1997, 大阪